簡単おしゃれで美味しい♪こどもカッサータ

ヨーグルトとアヲハタの砂糖不使用ジャム「まるごと果実」で作る、簡単カッサータのレシピです。生クリーム不使用なので、子どもにも安心して食べさせることができます。

「カッサータ」は、イタリアのデザートでチーズケーキ風のアイスケーキのようなものです。大学時代にアルバイトしていたイタリアンレストランで作って出していたものを、生クリームを使わずに、子どもにも食べさせられるようにシンプルな材料で、簡単に作れないかと作ってみました。

子どもはもちろん大人のヘルシーデザートとしても美味しく食べられます♪

生クリーム不使用子どもカッサータ

流行りのカッサータというと、ドライフルーツやナッツ類を混ぜ込んだ見た目もおしゃれな四角い形ものを最近よく見かけます。

今回はお店で提供していたものに忠実に、シンプルにブルーベリーだけで作っていますが、子どもが食べられる年齢になったらドライフルーツやナッツを混ぜ込んでも見た目にも楽しめます♪

牛乳パックに入れて冷凍すれば、四角い形になりますよ。

バナナや苺など、角切りにしたフルーツを混ぜ込んでもカラフルで楽しめそうですね。

材料(ボウル1個分)

ヨーグルト・・・400g(1パック)
(クリームチーズ・・・50g)お好みで
ゼラチン・・・5g
お湯・・・大さじ2
はちみつ・・・大さじ1/2〜1
砂糖不使用ジャム・・・適量
カステラや食パンなど・・・適量

その他、生フルーツやドライフルーツなどお好みで

  • はちみつは、1歳未満のお子様には絶対に与えないようにしてください。
  • 砂糖不使用ジャムは、アヲハタのまるごと果実シリーズを使用しています。今回はブルーベリーを使用しました。
  • お好みで、クリームチーズを入れても。より本格的な味わいになります。
  • 味付け参考としては、2歳頃〜を想定しています。1歳代のお子さまの場合は、はちみつ無しで作る、またははちみつは大さじ1入れた上でボトムは食パンにすると良いかなと思います。カステラが入るとそれだけで結構甘さが強くなると思うので、調節してくださいね。
  • カステラは、市販されていた無添加カステラを使用しました。

詳しい作り方

ヨーグルトは、ザルの上にキッチンペーパーを敷きその上に入れ、冷蔵庫で4時間以上水切りしておきます。(作る前日で大丈夫です。)
冷やし固めるのに小さめの丸型ボウルやどんぶりなどを使用します。型から外しやすいように、布巾などを敷いた上に、大きめのラップを敷いておきます。

こどもカッサータ
1

ケトルなどでお湯を沸かしておき、70度以上のお湯でゼラチンをよく混ぜ溶かします。水切りヨーグルトに入れて、素早くよく混ぜます。(ゼラチンが固まるのが嫌な場合は、ヨーグルトを1分ほどレンジ加熱して温めておくと混ぜやすいです)
クリームチーズを入れる場合は、少しレンジで温かくしてゼラチン液とよく混ぜてから、水切りヨーグルトと混ぜてください。

こどもカッサータ
こどもカッサータ
2

お好みでフルーツを混ぜ込む場合は、ここで混ぜます。ボウルに、4割程度の量を流し入れます。その上に、ジャムを乗せ、その上に残りの生地を入れます。

こどもカッサータ
こどもカッサータ
3

カステラ、または食パンを1cm厚さ程度に切って敷き詰め、軽く抑えます。ラップを閉じて冷凍庫で固まるまで冷やします。

こどもカッサータ
こどもカッサータ
4

布巾を引っ張ると簡単に外れます。半分に切ってから、薄くスライスする形で切っています。切りにくい場合は、少し常温においてから切ると切りやすくなります。

こどもカッサータ
こどもカッサータ
5

切り分けてから、2〜3個ずつラップに包んで冷凍庫に入れておけば、好きな時に食べられます。子どもに食べさせるときは、少し前から常温に出しておくか、レンジで10〜20秒ほど加熱してからが食べやすくておすすめです。

生クリーム不使用子どもカッサータ
6

保存方法

小分けして冷凍保存できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA