ハロウィンにも♪ふわふわかぼちゃミルクちぎりパン

かぼちゃの形のふわふわのミルクちぎりパンのレシピです。生地にもかぼちゃを入れて、色もかぼちゃらしく。ハロウィンメニューにもおすすめです。1次発酵までホームベーカリーを使用します。

オーバーナイト発酵(一晩冷蔵庫で発酵)すれば、朝焼き立てを食べられます♪

小さいサイズは可愛いですが、こまごまと丸めるのに少し手間がかかるので、時短したい場合は、大きい型で作るのがおすすめです。

材料(大人2人分+子ども3食分程度)

かぼちゃ・・・100g程度(皮なし加熱後)

強力粉・・・230g
砂糖・・・10g
はちみつ・・・10g
塩・・・3g
無塩バター・・・15g
牛乳・・・150g
ドライイースト・・・3g

  • 強力粉はcoopの国産強力粉、砂糖はきび砂糖を使用しています。
  • はちみつは1歳未満のお子様には絶対に与えないでください。はちみつ不使用の場合→砂糖20gで作ってください。
  • 1歳代のお子様で甘さ(糖分)が気になる場合は、砂糖、はちみつを少し減らして作ってください。
  • 型は、オーブン対応のものならなんでもOKです。今回は小さいものはダイソーのシリコンマフィン型、大きい方は12cmのケーキ型を使用しています。かぼちゃ型に拘らない場合は、型を使わず丸めるだけでもOKです。
  • 手順は夜生地を仕込んで朝焼く工程になっていますが、通常通りすぐ発酵させて焼いてももちろん大丈夫です。

詳しい作り方

かぼちゃは事前にレンジ加熱(600wで4-5分程度)加熱して柔らかくしておきます。実の部分をスプーンなどで取り、冷ましておきます。皮の部分はかぼちゃのヘタに見立てて三角形に切っておきます。(焼く時に乗せます)

1

ホームベーカリーのパンケースにドライイースト以外の材料を入れ、ドライイースト投入口にドライイーストを入れます。パン生地コースで一次発酵までおまかせします。ケーキ型にはクッキングシートを敷き、シリコン型には薄く強力粉をつけておくと取り出しやすくなります。(外れやすい型の場合は不要)

2

生地ができたらうち粉をした台に取り出します。使う型の大きさに合わせて生地を分け、8等分になるように生地を等分します。(今回は小さい方は半分の生地を8等分にしたものをひとつ分に。更に8等分に小さくして丸めて型に並べています。)

3

天板にクッキングシートや型を乗せてから、その上に生地を乗せていきます。表面がきれいになるように、丸めてひっぱり閉じ目を下にして、型に並べます。小さい型はこんな感じに。

4

大きい型はこんな感じに。中心に少し隙間ができてしまったので、もう少し細長く成形して中心がくっつくように並べるといい感じだと思います。

5

生地が乾燥しないように天板ごとラップでぴったりと包んで、冷蔵庫(できれば野菜室)で一晩ゆっくりと発酵させます。(すぐ焼く場合はオーブンの発酵機能(40度)で40分程二次発酵させます)

6

朝になったら冷蔵庫から出し、オーブンを170度に予熱します。余熱の間オーブンの上に天板ごと置いておくと良いです。予熱が終わったら必要ならかぼちゃの皮をのせ、170度で15分〜20分ほど焼いたら完成です。焼き色を付けたくない場合は5分ほど焼いたら全体にアルミホイルをかぶせて下さいね。

7

焼き上がり♪

保存方法

ひとつずつラップに包んでからフリーザーバッグなどに入れ、冷凍保存可能です。食べる時はできれば冷蔵庫で自然解凍してから軽く温めるのがおすすめです。

このレシピを取り入れたメニュー例

ハロウィン時期の朝食に。同じ生地でおばけっぽい形に成形してココアヨーグルトで顔を描いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA