アレンジたくさん♪基本のパン粥

離乳食初期の頃のパンデビューから使える、食パンで作る基本のパン粥のレシピです。離乳食の進み具合、食べる量に合わせて作ってあげて下さい。最初は赤ちゃんも食べやすいミルク味がおすすめです。

材料(5〜6枚切り食パン1/2枚分(約20g程度))

食パン・・・20g程度(耳を切り落とした食パン半分程度)
水分・・・100cc
【水分100cc】
水→100cc
豆乳→水80cc:豆乳20cc
牛乳→水80cc:牛乳20cc
【調乳ミルク】
水100ccに対して粉ミルク40cc分(缶のスプーン2杯)がおすすめです。
100ccスティックを使いたい場合は、調乳したミルク100ccでもOKですが煮詰まって水分が飛んでミルク感が濃くなりすぎると思うので、できれば薄めの配分をおすすめします。(パン40gでお湯200cc・スティック1本で作り、残りは冷凍するなど。)

私は離乳食初期・後期の頃はできるだけ塩や砂糖も減らして最低限の材料でホームペーカリーで食パンを作っていました。(離乳食初期から安心して食べさせられるホームベーカリーで作る食パンのレシピはこちらから)
食パン1枚のグラム数は商品や切り方によっても変わってくると思うので調整して下さい。基本の分量はパン10gに対して水分50gくらいが良いかと思います。
初期の頃は少しずつあげていました。中期の頃の1食分の食パンの目安量は15g〜20gとのことなので、食パン20gでのレシピです。1枚40gで作って半分冷凍しても良いと思います。
豆乳・牛乳を薄めの配分で作っている理由は、離乳食期はタンパク質は1食分の目安量を超えてしまうと、消化に負担がかかりやすいと管理栄養士さんに教えていただいたからです。離乳食の進み具合に合わせて豆乳・牛乳の割合を増やしても大丈夫です。

詳しい作り方

食パンの耳を切り落とすかちぎって取り除きます。内側の白い部分も小さく切り分けるか、ちぎります。大きさは離乳食の進み具合に合わせて細かくしてあげて下さい。

1

お鍋にパンと水分を両方入れて、弱めの中火でふつふつさせながら、ぐるぐるかき混ぜます。パンを崩しながら2〜3分ほど加熱してふわふわにします。初期は必要に応じてブレンダーやミキサーにかけるなどしてトロトロにしてあげて下さい。

2

必要最低限の材料で作った少し硬めの食パンを使っています。市販の食パンの場合はふわふわになるのが早い場合もあるので、加熱時間はふわふわ具合を見て調節して下さい。

パン粥のアレンジレシピ例

この基本のパン粥のレシピをベースに、色々なアレンジパン粥が作れます。作り方は同じで材料をお鍋に入れてパンがふわふわになるまで加熱するだけです。いくつかパターンを載せておきます。

きな粉豆乳パン粥

材料

食パン・・・20g程度
水・・・80cc
豆乳・・・20cc
きな粉・・・大さじ1程度
その他、バナナやさつまいもなどのペーストを入れても

野菜のミルクパン粥

材料

食パン・・・20g程度
水・・・100cc
粉ミルク・・・適量
野菜ペースト・・・小さじ1〜大さじ1程度(様子を見てお好み量で)
小松菜・ほうれん草・かぼちゃ・さつまいもなどお好きな野菜で

その他、基本のパン粥をストックしておいて、食べさせる時に混ぜてもOKです。

★トマト&カッテージチーズ
★とうもろこしペーストやホワイトソースと混ぜてパングラタン風
★オートミール粥やライスシリアルと混ぜる
★ミネストローネなどスープと混ぜる

など、色々なアレンジが楽しめるので、試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA