噛み切れる!きなこミルクバナナトースト

手づかみ食べを始める子が多い離乳食後期に入ったくらいの子でも噛み切りやすい柔らかさのトーストです。手も汚れにくいので手づかみ食べメニューに重宝していました。バナナ無しでも作れます。ミルクの代わりに牛乳を使用してもOKです。11か月頃に娘に食べさせた時には、ちぎったりかじったりしながら食べていました。

材料(分)

食パン・・・1枚程度
きな粉・・・大さじ1
調乳ミルク(牛乳でも)・・・50cc
バナナ・・・適量

ミルク50ccは作りにくかったら40ccや60ccでも大丈夫だと思います。私は焼く手間を考えて、2食分ずつ作ることが多かったので、2倍量(スティック1本分100cc)で作って1食分は冷凍保存していました。

離乳食完了期後半〜幼児食用のレシピはこちらから→バナナきなこトーストのレシピ
耳付き食パン2枚分(2食分)の分量で作るレシピです。

詳しい作り方

きな粉・ミルク・沸かしたお湯50ccをよく混ぜます。

1

食パンを手で持ちやすい大きさに切り、きな粉ミルク液に浸します。片面に染み込み過ぎないように、10秒くらいでひっくり返します。反対側も浸すとちょうど液がなくなるくらいの水分量です。

2

バナナを薄めに輪切りにして乗せ、フライパンにクックパー(くっつかないアルミホイル)を敷いてバナナの方を先に下にして軽く抑えながら焼いていきます。弱火で片面5分くらいずつ焼きます。様子を見ながら少し焼き目がつくくらいでひっくり返すと良いです。

3

両面焼けたら完成です。クックパーの上でくっつかず動くようになるくらいを目安に焼くと良いです。

4

このレシピを取り入れたメニュー例

クリスマスの季節に作った日のメニューです。雪の形のバナナは100均の型で抜き、焼き終わってから最後に乗せました。(型抜きバナナは焼くと崩れそうだったので)

飾りのバナナ無しできな粉ミルクトーストとして焼いても良いです♪

完了期に牛乳で作ってみました。ミルクの甘み無しでもパクパク食べてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA