三代目レシピ。ささみの柔らかチキンカツ

ささみで作る、しっとり柔らかくてサクサクのチキンカツのレシピです。祖母の代から我が家はこの作り方が定番です。

卵不使用・バッター液を絡めてパン粉をつけて揚げ焼きするだけの簡単レシピです。特に変わったことはしていないのですが、とっても柔らかく仕上がるので、1歳代の子でも噛みちぎって食べられます♪

ささみの柔らかチキンカツ

下味は薄味なので、大人はソースなどをかけるのがおすすめです。

材料(大人2人分+子ども用1人分+お弁当分程度)

ささみ・・・350g程度
塩・胡椒・・・適量
★小麦粉・・・大さじ3
★水・・・大さじ3
パン粉・・・適量

  • 離乳食完了期頃のお子様に取り分ける場合は、下味は無しで作っても良いです。細く切ってあげると食べやすいと思います。柔らかいので、しっかり噛める子は大きいままつかみ食べしても良いと思います。
  • 私はcoopの冷凍すじ切りささみを使用しています。筋のあるささみの場合は、取り除いて下さい。

詳しい作り方

ささみは厚みが均一になるように、1/2の大きさに切り分けます。キッチンバサミを使うと洗い物も少なく便利です。分厚い部分がある場合は、真ん中(筋を取る部分)から切り開いて厚みを均一にします。(1cm厚さ以内が良いと思います)

ささみの柔らかチキンカツ
ささみの柔らかチキンカツ
1

ボウルに★の材料を入れてよく混ぜます。お肉に塩胡椒を適量して、ボウルに全部入れてよく絡めます。

ささみの柔らかチキンカツ
2

全体にパン粉をつけます。(手でつけても良いですが菜箸でも十分きれいに付きますよ)

ささみの柔らかチキンカツ
3

フライパンに油を引き、両面きつね色になるまで揚げ焼きor揚げたら完成です。(私は最後にちょうど油が無くなるくらいの量で揚げ焼きにしています。)油が切れるころにはしっかり中心まで火が通っていると思いますが、一番分厚いものを切ってみて火の通りを確認して下さいね。

ささみの柔らかチキンカツ
4

保存方法

冷凍保存も可能です。一つずつラップに包んで保存します。解凍は、レンジで半解凍してからトースターで焼くのがおすすめです。

このレシピを取り入れたメニュー例

ささみチキンカツの献立

取り分けごはんのメインメニューに。娘も大好きなメニューで、手づかみでパクパク食べています♪下味は薄めですが、娘(2歳)はこのまま喜んで白ごはんと一緒に食べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA