ドーナツ型でかわいい♪みるくちぎりパン

ダイソーのシリコンドーナツ型で作る、子ども用にもぴったりサイズのミルクちぎりパンのレシピです。型を使わなくてももちろん作れます。オーバーナイト発酵という、前日夜にパン生地を仕込んで冷蔵庫でゆっくり発酵させて朝焼くだけで焼き立てパンが食べられる方法で作ります。休日の朝ごはんなどに、親子で一緒に焼き立てパンをどうぞ♪

離乳食完了期の子に食べさせても大丈夫なように、砂糖や塩をできるだけ減らしつつ、硬くならないように、そして大人が食べてもそれなりに美味しいように、という生地配合で作りました。大人は食べきりの分量ですが、子ども用は残った分は冷凍保存できます♪

材料(大人2人分+子ども3食分程度)

強力粉・・・250g
牛乳・・・190g
砂糖・・・26g
塩・・・3g弱
バター・・・15g
ドライイースト・・・3g

<ダイソードーナツ型6個1回分(子ども3食分)だけで作る場合>
強力粉・・・125g
牛乳・・・95g
砂糖・・・13g
塩・・・1g強
無塩バター・・・7g
ドライイースト・・・2g

  • 一次発酵までホームベーカリーを使用しています。ホームベーカリーがない場合は、手ごねの手順は他サイトで調べて下さいますようお願い致します。
  • 強力粉はcoopの国産強力粉、砂糖はきび砂糖、バターは無塩バターを使用しています。
  • このちぎりパンの生地をいつも基本のパン生地にしています。基本のパン生地で作るパンのレシピはこちらから

詳しい作り方(大人の分も一緒に作る場合)

ホームベーカリーにドライイースト以外の材料を入れ、ドライイースト投入口にドライイーストを入れます。パン生地コースで一次発酵までお任せします。
【この間に準備】シリコン型を使う場合は薄く強力粉をまぶしておきます。ケーキ型やマフィン型を使う場合は必要に応じてクッキングシートを敷いておきます。オーブンの天板に直接並べる場合はクッキングシートを敷いておきます。

1

生地ができたら打ち粉をした台などに取り出します。(私は100均のトレーの上でやってます。笑)

2

軽く潰してガス抜きしてから、生地を分割します。子ども用をダイソーのドーナツ型で作る場合は、半分が子ども用の生地になるので、まず半分に。そこから6等分して6等分します。表面がきれいになるように生地を引っ張りながら丸めて閉じめを下にして型に並べます。等間隔に並べたら、濡らした布巾をかけて15分ほど休ませます。

3

大人用も同じように好きな大きさに生地を丸め、等間隔に並べ濡れ布巾を被せて休ませます。その後、天板ごとぴったりとラップをかけて冷蔵庫(できれば野菜室)に入れます。そしておやすみなさい・・・(23時に仕込んで朝7時起きくらいでいつもやってます。)

4

おはようございます。オーブンを170度に予熱します。予熱している間、天板ごとオーブンの上に置いてもう一息発酵してもらいます。余熱が終わる頃にむっちりしてくると思います。

5

15分〜20分程度焼いて完成です。私のオーブンでは20分程焼いています。途中で表面が焦げないように、好みの焼き色が付いたところでアルミホイルをかぶせています。

6

【補足1】オーバーナイト発酵しない場合(すぐ作る)は、布巾をかけて生地を休ませた後、オーブンの発酵機能を使って40度で40分ほど二次発酵させ、発酵が終わったらすぐに170度に予熱し、焼いて下さい。

【補足2】生地を丸める段階で、中に色々な具材を入れることができます。子ども用にはバナナや、加熱して冷ましたかぼちゃなどを入れても良いですし、大人用にはチーズやチョコ、ウィンナーなど入れても美味しいです。

7

保存方法

冷めてから小分けしてラップに包んで冷凍保存可能です。食べるときは、自然解凍してからトースターやレンジで少し温めると美味しく食べられます。冷凍からすぐ食べる場合は10秒ずつ様子を見て加熱して解凍して下さい。

このレシピを取り入れたメニュー例

大人と一緒に朝ご飯で焼いて食べるときはもちろん、冷凍保存しておいてさっと出したい時に解凍して食べさせられます。手作りで安心できる材料で美味しいパンを食べさせてあげられます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA