ノンオイル&砂糖不使用♪オートミール焼きドーナツ

小麦粉を使わない、オートミールだけで作る栄養たっぷり焼きドーナツのレシピです。ノンオイルでもふっくらもっちり仕上がります。熟したバナナや果物、砂糖不使用のジャム(アヲハタの丸ごと果実)などを使って砂糖不使用でも美味しくできます。

もちろん、お子様の成長に合わせて、お好みで砂糖や蜂蜜を入れてもOKです。甘さ控えめですが大人も一緒に食べられますよ♪

材料(ダイソーのシリコンドーナツ型/6個分)

<基本の生地配合>
オートミール・・・100g
卵・・・1個
牛乳・・・70g
ベーキングパウダー・・・4g

<基本の生地半分あたりの分量>
★バナナきな粉ドーナツ
熟したバナナ・・・50g
ほうれん草などお好みの野菜(加熱後)・・・10〜20g程度
きな粉・・・大さじ1

★アヲハタ丸ごと果実ジャム×チーズのドーナツ
お好みのジャム・・・35g
1才からのチーズ(他のチーズでも可)・・・1本(10g)
牛乳・・・10g

【補足】
この他、お好みの野菜や果物、ごまなど入れてアレンジ可能です。
生地の水分量は、スプーンですくったときにぽってり落ちるくらいを目安にして下さい。
ジャムの生地は少し固めに感じたので牛乳を10g追加しました。

  • この分量で、ダイソーのシリコンドーナツ型にちょうど良い分量で、3食分程度です。(1y4mの娘は主食として1食で2個食べました。)
  • 補足に書きましたが、混ぜ込む具材によって少し固め(スプーンですくっても落ちてこないくらい)と思ったら牛乳を少し足して下さい。
  • 今回は、「バナナ×ほうれん草×きな粉」と「白桃ジャム×チーズ」の2種類を半量ずつ作りました。2種類作らず1種類だけ作る場合は、【半量あたりの分量】を2倍くらいにして作って下さいね。
  • オートミールは、クイックオーツを使用しています。ミキサーで粉末状にしましたが、そのままでもOKです。オートミールの形や食感の残し具合はお好みで。粉末状にしない場合は牛乳と卵を混ぜてから5分ほどオートミールをふやかすと良いです。
  • 1歳未満のお子様にははちみつは与えないようにして下さい。

詳しい作り方

オートミールはブレンダーやミキサーなどで粉末状にしておきます。(なければ、そのままでもOKです)オーブンを180度に予熱しておきます。型には薄く油を塗っておくと外れやすいです。

1

基本の生地を作ります。基本の生地の材料をボウルなどに入れて、よく混ぜます。

2

2種類作る場合は生地を半量に分けます。半量の生地に、それぞれの材料を入れてよく混ぜます。

3

180度のオーブンで15分程焼いたら完成です。ある程度冷めてから型から外します。

4

保存方法

翌日食べる場合は冷めてから小分けしてラップに包み、冷蔵保存でOKです。それ以降に食べる場合は、冷めてから小分けしてラップに包み、冷凍保存可能です。

オートミール焼きドーナツのレパートリー

色々な具材で作ったら、ここに紹介していきます。

今回のレシピの配合で作った、
★バナナ×ほうれん草×きな粉
★白桃×チーズ
の2種類です♪

白桃チーズは、大人が食べる場合はジャムを50g程に増やすとしっかりめの甘みになって美味しいです。

かぼちゃ×枝豆×はちみつ

材料(基本の生地配合の半分あたりの分量/3個分)

かぼちゃ(加熱後)・・・40g
枝豆(冷凍可)・・・15g 子どもに食べさせる場合は必ず刻んで下さい
はちみつ・・・小さじ1(大人が食べる場合は大さじ1〜)
牛乳・・・10g(かぼちゃのたちにもよるので、とろっとした生地になってたら不要です)

小松菜×梨×ごま

材料(基本の生地配合の半分あたりの分量/3個分)

小松菜orほうれん草(加熱後)・・・10〜20g程度
梨・・・50g(細かめに刻んで下さい)
黒ごま・・・大さじ1(お好みで)
牛乳・・・10g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ミニトマトのマリネ