ふんわりもちっ♪バナナミルクちぎりパン

バナナを入れて作る、バナナミルクちぎりパンのレシピです。ふんわりもっちりがやみつきになる食感で、子どもの大好きバナナ味♪朝ごはんやおやつにぴったりです。完熟バナナの救済にもオススメです。

バナナミルクちぎりパン

材料(大人2人分+子ども2人分程度)

強力粉・・・230g
バナナ・・・100g程度
砂糖・・・15g
塩・・・3g
無塩バター・・・20g
牛乳・・・バナナと合わせて200g
ドライイースト・・・3g

  • 味付けは、大人も美味しく食べられる分量です。砂糖は、完熟バナナを使用する場合や低年齢のお子様に食べさせるのに気になる場合は、少し減らしてもOKです。
  • 一次発酵までホームベーカリーを使用しています。
  • 今回はドーナツ型とケーキ型を使っていますが、型がない場合は丸めるだけでも大丈夫です。
  • 大きい方が柔らかくふんわり、小さいちぎりパンの方が硬め(噛みごたえあり)な食感になります。小さいお子様は大きいものの方が食べやすいかと思います。(娘は見た目も噛みごたえも小さい方が好きなようです。笑)

詳しい作り方

材料をホームベーカリー(イーストは投入口へ)に入れ、パン生地モードでスタートします。(手ごねの場合は一般的な一次発酵までの手順を参考にしてください。)

バナナミルクちぎりパン
バナナミルクちぎりパン
1

生地ができたら、打ち粉をした台に取り出し、軽くガス抜きして潰して、お好みの形に成形します。 (結構柔らかめのほわほわとした生地です。)表面が平らになるように、引っ張って閉じ目が下になるようにすると焼き上がりも綺麗です。すぐ焼く場合は2次発酵へ。または、ラップをかけて冷蔵庫の野菜室で保存します。

※夜に仕込んで朝焼く場合、朝に仕込んでお昼に焼く場合、どちらも冷蔵庫でOKです。

バナナミルクちぎりパン
バナナミルクちぎりパン
2

焼く前に冷蔵庫から出し、オーブンを170度に予熱します。余熱の間オーブンの上に天板ごと置いておくと良いです。(グリルで焼く場合は常温でOK)予熱が終わったら170度で15分〜18分ほど焼いたら完成です。

バナナミルクちぎりパン
バナナミルクちぎりパン
3

保存方法

常温で2日程度保存可能です。冷凍保存も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA