手づかみ食べにもぴったり♪長芋のお好み焼き

すり下ろした長芋を使ったお好み焼きのレシピです。9か月の娘(下の歯2本)でも掴みやすく食べやすかったのか、喜んで食べてくれるメニューでした。手やテーブル、床も汚れにくいので手づかみ食べにぴったりでした。

材料(出来上がり60g〜70g程度)

長芋・・・30g
キャベツや白菜・・・10g
鶏ひき肉・・・15g
小麦粉・・・大さじ1
だし汁・・・大さじ1(または湯冷ましと顆粒出汁のもと)

  • レシピは卵不使用ですが、卵クリア済みの場合は少し卵を入れてもOKです。
  • 冷凍保存可なので、たくさん食べる子やしっかり主食で食べたい場合は2倍量で作っておくと良いかと思います。

詳しい作り方

長芋は皮を剥いてすり下ろしておきます。キャベツ(白菜)は、茹でて柔らかくしてから細かく刻んでおきます。

1

材料全てをよく混ぜます。(スプーンで混ぜてOKです)

2

フライパンにフライパン用ホイル(クックパー)を敷き、スプーンで丸く成形しながらながら乗せていきます。弱火で蓋をして5分焼き、さらにひっくり返して5分程度火が通るまで焼いたら完成です。

3

保存方法

ひとつずつラップでぴったりと包んでからジップ付き保存袋などに入れて冷凍保存可能です。

このレシピを取り入れたメニュー例

夜ご飯に大人がお好み焼きを食べる日に作っておいた残りを、冷凍しておいたものを増やした3回食用のご飯にしました。これひとつで炭水化物・タンパク質・野菜が取れるので、お好み焼きだけでも栄養バランスばっちりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA